faxdmでの宣伝のやり方は送信方法と法人対象

世の中にはいろんな商売の宣伝方法がありまして、そのうちの1つとしてFAXでダイレクトメールを宣伝するやりかたがあります。そしてそのFAXで宣伝商売をする業者の1つにfaxdmというのがあります。この業者は宣伝のいわば代行業者です。宣伝の内容自体は別の業者が考案し、その出来た原稿内容をこの代行業者に送信します。そしてその原稿をチェックして微修正などを経た後、どの地域やどの業種を対象にといった要望を受け入れて、宣伝したい送信先の会社などのリストを提示します。この宣伝では個人情報保護法がネックとなるため個人を対象にしておらず、すべて法人相手の宣伝となっています。法人のリストは宣伝したい会社が選んで提示するか、この代行業者が代わりにリストアップするかを選べます。そして合意が得られれば料金を前払いします。あとはこの代行業者が代わりにFAXでリストアップされた法人先へ宣伝内容を送信します。そして後日その宣伝の結果、つまり反応率はいかほどかなどを申し込んだ法人へ送信します。

知っておきたいfaxdmの基礎知識

faxdmは、主として会社組織に向けてDMをFAXによって送る方法の広告アプローチです。郵送のDMおよびメールDMでは無く、当初から開封された状況の中で見込み客に届くので、実際のところ閲覧される可能性は100%になります。そのため、faxdmは、反響も高く、コストパフォーマンスが高い道具といえます。加えて、1枚というシンプルさのため、原稿生成についてもスピーディーにでき、タイムリーに速やかに基本的な情報を送ることができます。faxdmは、在り来りなダイレクトメール広告とは異なり、費用が安いそして、目にさらされる率が高い、それからタイム的なラグが生じづらいといったアドバンテージを保持していることから、人気のある宣伝方法として根付いています。経費としては1部あたりの価格にトータルの件数をかけたものに、名簿レンタル費などが加わって導き出されます。

faxdmを有効に活用する利点

faxdmには多くのアドバンテージがあります。FAXということは必然的に手にしてもらえるということで閲覧の可能性の卓越性もメリットになります。送信トータルコストが1件数円というリーズナブルさも付加価値と言っていえます。送信先のリストについても鮮度がよく確固としたものをリーズナブルに借り受けてできますので自らリストを下準備する面倒も省略できます。送信先の職種であるとかエリアを指定すれば業者がリストから導き出します。リストの選り抜き作業に時間をかけなくていいのもfaxdmを利用する素晴らしさになります。郵送のDMなどは発信する数のはがきまたは郵便物などを事前準備しないといけませんが、faxdmについては原案を1枚立ち上げるだけであっという間にたくさんの宛先に送信することが実現可能です。送信も原案作成についてもコストをかけずに開始可能です。